今や常識?SNSによるWebマーケティングの手法

SNSの急激な広がり

その活用は多種多様

SNSが登場して少なからず時間が経過しましたが、企業のSNSによるマーケティングが活発化したのはここ数年ではないでしょうか。
その方法は、各企業さまざまであり、成功しているものもあれば、あまり目立っていないものもあると思います。

SNSの特性としてアカウントがあるので多数作ることも可能です。
そしてSNS自体が複数が存在している状況では、まずどれを使うかの選択などを含めた全体の戦略が必要になってきます。
現在では、成功事例なども出てきていると思いますが、まだ標準的(王道)な方法は確立されていないため、各社はそれぞれ異なった手法で取り組んでいると思われます。
ゆえに、企業のSNSマーケティングやビジネスへの活用という点では黎明期とも言えます。

ただ使うだけではなく戦略や指針も必要

企業がSNSを利用するということは、ユーザーと直接コミュニケーションをとることができるということです。
しかも、それはアカウントはひとつだけではありません。
アカウントを多数もつことも可能なので、異なるユーザー層に向けて情報の発信が可能です。
各SNSの主要なユーザーは年代が異なっているので、それぞれの世代に向けてもアプローチできる可能性もあります。
しかし、全方位で多くを発信すればいいというのではありません。
やり方を間違えば、うざい企業、ずれてる企業、すべってるなどと受け取られかねません。
戦略や計画が必要なことは言うまでもなく、新規ユーザーを獲得するためにはどんなコンテンツをつくるか、投稿するか、各SNSの特性を理解して進めなければならないのです。


この記事をシェアする